耐震・バリアフリー工事

安心・安全で強い住まいに!耐震&バリアフリー
将来に備えるために、今だからできるリフォームを

「今の家で、長く暮らしたい。」
「将来年をとっても、安心して暮らせる家にしておきたい」
長期優良住宅が選ばれる時代になった今、このように考える方が増えてきました。

将来のライフステージを考えれば、子どもからお年寄りまで誰にとっても安心で快適に過ごせる住まいにしておくことが大切です。
そんなご要望を叶えるために、当社が提案していることが、耐震工事とバリアフリー工事です。

いつ訪れるか分からない突然の災害にも耐えられる強い家に。
そして、人生の変化や節目をスムーズに迎えられる家に。

今だからこそ準備できることがあります。
ご家族皆さまの安全を守る一生涯のサポートを、ぜひ豊中市の株式会社光永ホームにさせてください。

 

耐震工事

近年頻発している、地震。
建物の構造や状況に合った耐震工事をしておけば、「あの時しておいて良かった!」と思える日が来るはず。

とくに、昭和57年以前に建てられた建物の多くは、現代の耐震基準を満たしていない可能性が大。
倒壊や損壊の危険性を少しでも取り除くために、不安をお持ちの方はお早めにご相談ください。
ご予算や建物の構造に合わせて、最適な提案をいたします。

 

▼ 耐震診断セルフチェック

□ 昭和56年(1981年)6月1日以前に建てられた建物である

□ 増改築で壁・柱などの躯体部分を撤去している
□ 大きな吹き抜けがある
□ 一階外壁で東西南北のいずれかに壁が全くない面がある
□ 今までに大きな震災に遭遇した
□ L字型やT字型など、建物の形状が複雑である
□ シロアリ被害が起きている
□ 屋根が重い(下地に土が積まれている)
□ 基礎が鉄筋コンクリートの布基礎・ベタ基礎・杭基礎以外でできている

 

バリアフリーリフォーム

「トイレや玄関に手すりを付けたい」といった手軽な工事から、車いすで生活するためのフラット工事まで、工事の規模に関わらず全てお任せください。
ケアマネさんからのご相談も大歓迎です。
近年では戸建て住宅をはじめ、マンションや施設・店舗などのあらゆる箇所でバリアフリー設計が取り入れられています。

人口の高齢化が進む日本は現在、家庭内事故の件数が増加している傾向にあります。
その中でいま一番注目されているのが、住まいの安全化。

少しの段につまずく。立ち上がるときにしんどい。
こんな症状が出始める前に、今からきちんと計画しておけばきっと将来役に立つことでしょう。

一覧ページに戻る